akikazelogosmall2.GIF

whatsnewlogo.GIF

dashipicturepagelogo.GIF

aboutmdashilogo.GIF

historydashilogo.GIF

endaikaisetsusyulogo.GIF

dashibandsukemeikan.GIF

saitensaishinjyouhoulogo.GIF

specialcontents.GIF

linkslogo.GIF

 

 

6bundan.JPG nibangumilogo.GIF

hanten_nibangumi.GIF

 

住所:盛岡市本町通1-11-24

 

電話:019-622-3406

 

2003nibangumifuryuicon.JPG2006nibangumifuryuicon.JPGnibangumi090914icon.JPG2012nibangumifuryuicon.JPG

 

第6分団として本町(旧・油町)を拠点に活動。

 

肴町 一番組と並び、

盛岡の火消組で最も歴史のある消防組の一つである。

 

その歴史は、天明3年(1783年)6月、

馬町に「いろは組」(現・肴町 一番組)を組織した

加賀藩出身の鳶・伝之丞、惣八の弟分である甚七と

盛岡城下の25人の若者によって油町(現・本町)に組織されたことに始まる。

 

組織当時は、「ゑ組」を称した。

 

明治9年(1876年)、南部火消の組織が岩手県政の管轄下に入ると、

「いろは組」の「一番組」への改称に倣い、「二番組」に改称。

 

明治13年(1880年)には、馬町 一番組、長町 三番組と共に、

岩手県の御用鳶に指定される。

 

明治23年(1890年)、盛岡市の消防区域として大区制が敷かれ、

二番組は盛岡市第6区として油町、下小路、山岸町、上田小路等

盛岡市街北部の統括組織となる。

 

4年後の明治27年(1894年)には、盛岡消防組第6部に編成される。

昭和14年(1939年)の警防団組成の際に盛岡市警防団第6分団に編成され、

戦後、これを継承する形で盛岡市消防第6分団として現在に至る。

 

纏は第6分団を示す「六」の字を組の印しとして使用している。

 

 

 

 


大きな地図で見る

 

backlogo.JPG

homelogo.JPG

1