akikazelogosmall2.GIF

whatsnewlogo.GIF

dashipicturepagelogo.GIF

aboutmdashilogo.GIF

historydashilogo.GIF

endaikaisetsusyulogo.GIF

dashibandsukemeikan.GIF

saitensaishinjyouhoulogo.GIF

specialcontents.GIF

linkslogo.GIF

 

 

8bundan.JPG sanbangumilogo.GIF

hanten_sanbangumi.GIF

 

住所:盛岡市長田町10-1

 

電話:019-651-8591

 

2005sanbangumifuryuicon.JPGsanbangumi090914icon.JPG2013sanbangumi.jpg

 

第8分団として長田町を拠点に活動。

 

その歴史は、寛政11年(1799年)2月17日、

田町(長町・現・長田町)の若者25名が連名で、

南部藩第36代・利敬公に嘆願し火消組を組織したことに始まる。

盛岡の町人から声を上げ誕生した、

事実上「盛岡発」の最初の火消組といわれている。

当時は、「玉組」を称した。

 

弘化3年(1846年)には、長町に龍組(龍吐水組)が創設される。

以降、長町の火消組には、この玉組と龍組が並存する。

 

明治9年(1876年)、6月23日に馬町(現・肴町)の「いろは組」が

「一番組」に改称を許された際には、

油町(現・本町)二番組と共に、これに習い「三番組」に改称。

 

明治13年(1880年)には、馬町 一番組 油町 二番組と共に、

岩手県の御用鳶に指定される。

 

明治23年(1890年)、盛岡市の消防区域として大区制が敷かれ、

三番組は盛岡市第8区として長町、仁王小路、材木町、大沢川原等、

盛岡の北西地区の統括組織となる。

 

4年後の明治27年(1894年)には、盛岡消防組第7部に編成される。

昭和14年(1939年)の警防団組成の際に盛岡市警防団第8分団に編成され、

戦後、これを継承する形で盛岡市消防第8分団として現在に至る。

 

 

纏は大八車を組の印しとして飾る。


大きな地図で見る

 

backlogo.JPG

homelogo.JPG